ゆきふぉーのブログ

札幌から群馬に移住しました。40歳になって出会った彼と、彼の家族と同居なうです。恋愛運を上げる為に「ダイエット」「恋コスメ」「モテ服」「おすすめの本」「スピリチュアル」などについて発信しています♡

ダイエットを始めたきっかけ

身長159センチ。

大体平均的な身長のゆきふぉーです、こんにちは。

 

学生の頃は158センチだったので、成人して以降、じわじわ身長が伸びていたようです。

健康診断で、身長を測ってくれる人によっては、161センチと言われたりするので、間をとって、160センチということにしておこうと思います。

 

大体、160センチの女性の適正体重ってどのくらいなのでしょうか?

50キロから55キロくらいが一般的なイメージですかね?

ただ、女性の理想としては48キロあたりが憧れる・・・

 

数年前、私は42キロ(拒食症でした)から、じわじわと64キロまで太りました。

その時、自分でも足が太いなとか、お腹を隠さないと…と思っていたものの、そこまで太っている自覚がなかったんです。

 

痩せようと強く思ったキッカケ

 

当時は飲み会が多く、よくススキノで仲間とワイワイしてました。

お酒を飲む、美味しいものを食べる、そんな生活を続けていたある日、いつものように飲み会があって、ススキノに向かっていました。

 

札幌の地下街を歩いていたのですが、歩行者の流れを逆らって幅広く歩く、大学生らしき男性の集団に遭遇したのです。

 

突然言われたひとこと

 

 

集団の中央にいた男が私に向かって

 

「おい、デブ!!」

 

と、笑いながら叫びました。

 

 

びっくりしました。

通りすがりの赤の他人だから、気にすることはないと自分に言い聞かせても悔しさで泣きました。

 

すれ違う人達は、泣きながら歩く太った女を、不審に思ったと思います(笑)

 

 

「黙れ、小僧!!」

 

と、咄嗟に言えたら良かったんですが。

 

 

泣くほど傷ついた心理

 

 

自分で自分を「デブ」だと認識していて、気にしていたからなんでしょうね。

もしも、髪がふさふさな女性が「ハゲ!!」と罵倒されても、「は?」で、終わりますもんね。

誰かに言われて傷ついたり、へこむことって、多少なりとも、自分で思っていることだからこそなんじゃないかな、と。

 

その事件がきっかけで、ダイエットを頑張れました。

 

とにかく

 

「痩せて見返してやる」

 

その思いでした。

 

おかげで12キロ減量に成功。

もう二度と遭遇することはないだろう彼らですが、今はありがとうの気持ちでいっぱいです。

 

太った自分から目をそらしてきた自分にとって、彼らの存在がなければ、今頃70キロを超えて100キロも目前だったかもしれません。

 

 

そこからのリバウンド

 

彼らに申し訳ないことに、3月、61.5キロまでリバウンドしてしまいました。

52キロからの、約10キロ増。

 

これはまずいです・・・。

 

少しだけ、運動量を増やした結果

 

今日の体重 58.95キロ

 

なんとか2.5キロ落とせました。

 

油断すると、すぐ太る。

そういう生き物なんですね。

 

また彼らの罵声を思い出して、新たにダイエットを頑張ろうと思います。

 

世の中には、ぽっちゃりした女性の方が良いという男性も多いですが

 

男性の言う「ぽっちゃり」は、女性が思う「ぽっちゃり」じゃない。

 

女性が思う「ぽっちゃり」は、男性が思う「デブ」だと思って頑張ります。